今日の画像TOP ≫  ニュース ≫  白羽ゆり 宝塚ラストステージに涙の別れ

白羽ゆり 宝塚ラストステージに涙の別れ

スポンサードリンク
●白羽ゆり 宝塚ラストステージに涙の別れ
5月31日付で退団することを発表した宝塚歌劇団の雪組娘役トップスター、白羽ゆりが26日、兵庫県宝塚市の歌劇団事務所で会見し、心境を語った。

 淡いベージュのフェミニンなワンピース姿で現れた白羽。

 「宝塚にあこがれ、娘役にあこがれて、夢がかなって入団し、11年間に素敵な役、素敵な相手役に恵まれて、素敵な日々を過ごすことができました。充実して輝き、生き生きしている今だから、娘役として誇りを持って卒業できます」

 そう切り出した。



 退団を決意したのは、前作の「マリポーサの花」の公演中だったという。

 「主演娘役になった時点から、退団の時期は考えていました。次の公演が『ZORRO−−仮面のメサイア』と決まったとき、運命的なものを感じたんです。私はキャサリン・ゼタ・ジョーンズの出た映画の『ゾロ』が大好きで、DVDも何度も見て、役柄の参考にしていたんです。だから、この作品で卒業しようと思いました」

 相手役の雪組トップスター、水夏希には決意した時点で話した。

 「とても驚いていらしたけれど、最後までともにがんばっていこう、と言っていただきました」

 すでに次作のポスター撮影は終えているそうで、「水さんのゾロと私のレディ・ゾロのお衣装が一緒なんです。すごく楽しみです」とニッコリ。

 雪組の仲間たちには、大阪シアター・ドラマシティ公演「カラマーゾフの兄弟」班には、25日の千秋楽に自分自身で。

 「下級生が泣いてくれたのを見て、思わずもらい泣きしてしまいました」

 宝塚バウホール公演「忘れ雪」班には、同じ日に組長から、退団を報告したそうだ。ファンに対しては「幸せな宝塚人生を歩めたのは、みなさまの応援で勇気づけられたおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです」と述べた。






●白羽ゆり 宝塚ラストステージに涙の別れ
http://news.mag2.com/entertainment/1534
スポンサードリンク
Copyright (C) 今日の画像. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。